脱毛した状態を想定

ウィッグ作成
引用元: ライツフォル:医療用ウィッグ通販

医療用ウィッグは、抗ガン剤治療など治療開始をして脱毛し、治療が終わり回復するまでの1年から2年ぐらいの期間使用します。ウィッグを選ぶにしても、脱毛していくと緩くなり、発毛していくとウィッグがきつくなります。このようなことを考えると、価格やデザインのみならず、使用しやすく洗いやすく、さらにはサイズ調整が可能なものを選ぶと良いです。これはアフターサービスにも繋がり、そのような購入後のことも考えて、どこで買うか決めます。

通販で購入すると人に見られずに買えるというメリットがありますが、ほとんどの通販サイトでは試着ができません。しかし、最近ではその要望に応えるために通販サイトでも、無料試着の導入も進んでいます。このような通販サイトを利用しましょう。他では、販売店に行くと、試着できるので、販売店や専門店に足を運び、試着してどのウィッグにするか決める方が良いです。ウィッグを使うと、長い時間頭に被せておくものなので、使い心地が重要で、きつくなく緩くないサイズを選ぶと良いです。サイズを調節すると、自転車などに乗っても大丈夫です。

ただお店によっては、細かいサイズ調節はできないので、この点もどのお店で買うか選ぶポイントとなるでしょう。もしもお店に行って買うとなると、脱毛と発毛の状態によって、サイズ調節が可能かどうか聞いてみましょう。いろいろと要望を出して、納得のいく医療用ウィッグを手に入れましょう。


参照記事
アフターサービス
写真や値段で判断しない
ウィッグは慎重に購入する